読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

自由麺工房 大恩

今日の日中は雲が多いながら、

青空も見られた佐賀市

北風が強く寒い1日。

明日は山間部で雪との予報。

今日はこちらへ。

「自由麺工房 大恩」

佐賀では大変珍しい、進化を感じられる同店。

昨日、全粒粉使用カップ麺を書きましたが、

こちらには、全粒粉使用の極太麺が存在。

これが硬質系極太麺と異なる食感ながら非常に好み。

さがらしくて。

しかしながら、

今日は新メニュー「ちゃんぽん」を。

開店当初はちゃんぽんもメニュー入り。

その後しばらく見られなくなっておりましたが、

今回大幅リニューアルで再登場。

見た目大変立派。

径の大きなちゃんぽん用丼いっぱいに盛り付けられた野菜。

さがのちゃんぽんらしく、

天ぷら以外の魚介系が入っていない野菜中心。

一番印象的なのはやはり麺。

川副町産小麦に大豆をブレンドしたという麺は、

見るからにちゃんぽん麺。

密度がありもちっとしていて

麺が主役との言葉に偽りはなし。

ただスープ。

有明海産アサリをふんだんに使用した「あっさり和風スープ」

という言葉ほどアサリは感じず。

さらにあっさりした和風にも感じず、

ちゃんぽんらしい濃度の濃い豚骨スープ。

全体としてちゃんぽんらしいちゃんぽん。

佐賀では「井手ちゃんぽん」が有名ですが、

具の多さと盛り付けより、

麺を基本と考えている所が「大恩」らしさ。

好印象。

今日は太平洋戦争開戦の日

69年も前の話。

敗戦記念日に比べて取り上げられる事が少ないこの日。

70年という年月。

テレビラジオで繰り返し流される歌舞伎界の不祥事。

繰り返し流される政治家の品格のなさ。

繰り返し流される日本の競争力低下。

開戦前の日本らしさがことごとく「形骸化」

70年の月日の末に。


自由麺工房 大恩

ちゃんぽん 680円

佐賀県神埼市神埼町姉川1600-1

0952-52-7510

11:00~21:00

月曜定休