読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

革麺 ガラ炊き醤油らぁ麺

カップ麺エースコック

今日は曇り。

次第に雲が厚くなり夕方には軽い雨。

肌寒さの続く佐賀市

今日は仕事終わりはこちら。

「革麺 ガラ炊き醤油らぁ麺」

4月22日、エースコックより新発売。

広報によると、

「プリプリの食感や風味を実現する革命的な“多加水ノンフライめん”を使用」

「味わいのしっかりしたスープとあわせ専門店品質の一杯に」

との事。

何となく他社の二番煎じのような気もしますが。

中身は、かやくと後入れ粉末スープと液体スープ。

5分待って出来上がると醤油の香り。

「革命的」と言うその麺はかなりの黄色。

そしてかなり強いノンフライ感。

これが私にはゴムのように感じる。

よく言えば弾力感とコシがあると言えるのかも知れませんが、

どうにも私にはゴム的。

それ以上に様々な素材が混ざり合ったスープが印象的。

この麺とスープで袋麺。

これで自ら具を添え作る。

そうならば印象も変わった感。

残念。


今日想った事。

ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ 優秀な人材確保狙う

給与を増やすには成長するしかないという当たり前。

我が国は資本主義なのだから。

全部が全部同一賃金と言う訳ではないようですが。

人が少なくなって行く。

さらに良い意味で融通の利く人は少なく。

国の壁を企業が超える世界基準に、ようやく我が国の企業も。

そのとっかかりのユニクロ

良い悪いを旧来の日本基準で判断するのではなく、

このユニクロでやりたいと思う者達が、世界から集い突き進む場となれば、

それはそれで価値。

無論私は無理(笑)

世界相手に成長を狙う仕事もあれば、

国内を相手にする仕事も。

ただその給与が今後上がるかどうかは未知数。

なんせどの国内分野もその顧客数は減る一方。

どちらにせよ我々の給与は、

政治家がどうのこうの口を挟むものではないはず。


革麺 ガラ炊き醤油らぁ麺

エースコック

238円(ミニストップ)